本当に私事で恐縮なのですが、本日はバイト先の上司に食事に連れて行ってもらいました。

モロッコ料理の店に。

普段と違う駅(二子玉川駅)に集合とだけ言われて、詳細がさっぱりわからないまま店に連れて行かれました。
「今日はここなんだ」と言う彼の目線の先には、「モロッコ料理・地中海料理」という看板。
一体何が食べられるのか、恐れ半分ワクワク半分で店に入りました。


その結果、

CcT2wAsUsAErVqj

なんかこんなような料理が出てきて…


DSC_0425

水タバコまで堪能してしまいました。


会話も大変に弾み、素晴らしい食事会でした。
実感したこととしては、非日常が突然降ってくるととても面白いな、ということです。


スープ一つ飲むのにも、

「この木のスプーン(?)を使って飲めば良いんですかね?」

「いや、それは後でまた使うんじゃないか…?」

「じゃあ器から直接飲むんですかね?」

「全然分からない!」

という会話が展開されます。


僕はこういう非日常体験が大好きですし、どんどん形にしたり体験していきたいと思っています。
ムダ祭り会でもそうですし、自分で遊びに行くイベントでもそうです。

僕がこの4月から仕事にしていきたいことって、一言で集約すると「非日常体験を作ること」なんですよね。
(関連記事:


だから、自分の日常に突然やってくる非日常を、僕は誰よりも大事にすることを誓おうと思います。
非日常体験を誰よりも愛そう。僕が仕事に選んだものだから。


そんなわけで、来年からの僕の肩書きは「非日常クリエイター」にしようかと思っています。
似たような意味の言葉で、もっとピンと来るものがあれば教えてくださると幸いです。




twitter: http://twitter.com/kenhori2
よろしければフォローお願いします。