先日、つけ麺屋で友人とMacBookについてのガジェット談義をしてきました。
僕らは工学系学生ですが、元来あんまり機械オタクじゃないので、普段はこの手の話をしないです。

ではなぜ先日はその話が盛り上がったのかといえば、その友人も僕も、最近になってMacBookを持ち始めたのです。
Macには独特の操作性のクセや、ハマりがちな罠がありますから、その話で盛り上がったのです。
今日はそんな注意点と、mac持ち始めたときあるあるを合わせて書いてみたいと思います。

① トラックパッドとマウスのスクロールの方向が合わない


普通、macのトラックパッドによるスクロールはiPadなどと同じで、ナチュラルスクロール。すなわち「上にスライドすると画面は下にスクロール」になります。
trackpad04

一般的なmacユーザーはこの設定にしており、二本指で上にスライドして、画面を下にスクロールしていきます。
しかし、この一般的なmacユーザーの設定にしておくと、「マウスのホイールを上に回転させると、下に画面が進む」という異常事態に陥ります。
これはさすがに気持ち悪いですよね?

この異常事態は、アプリを入れないと解消できないのです。設定をいじっても解消しません。

丸ごと設定を変えることはできます。すなわち、「トラックパッドを二本指で下にスライドすると、下にスクロールする」という設定にすることはできます。
これなら、一応「マウスのホイールを下に回転させると、下に画面が進む」という設定が実現できます。

しかし、せっかくmacユーザーになったんだから、一般的で美しいとされているナチュラルスクロールを使いたいものです。
ナチュラルスクロールのままで、マウスのスクロール方向は直したい!そんな方はScroll Reverserというアプリを使いましょう。
これを使わないと無理です。なんでappleは標準設定でこれをできるようにしてくれないんでしょう。


②controlなのかcommandなのか分からない

windowsでコピーのショートカットといえば「control + C」ですよね。
macでは「command + C」です。

何!?その新しいキー!?

どうもmacではこのコマンドキーを多用するらしいのです。
そもそも主要なキーが違うって衝撃的ですよね。ちなみにmacではあまりコントロールキーを使わないので、キーボードの不思議な場所に追いやられています。
mac_control

でもよく考えたら、windowsはコントロールをめちゃくちゃ使うのにめちゃくちゃ押しづらい位置にありますよね。
windows製品はクソ。(MacBookを手に入れた途端に言い出す)





③「切り取り」という概念が存在しない


005_0368_L


ファイルマネージャ上で「切り取り」ができません。
僕は今まではよく写真データなんかを移動させるのに、「切り取り」を使っていました。
しかし、macでは、すべて「コピー」です。
ただし、貼り付け時に「移動」というオプションをつけることができるので、結局は切り取りと同じことができます。

Windowsでは「切り取り」または「コピー」を選択するのに対して、macでは「貼り付け」または「移動」を選択する感じですね。
ちなみに、普通に貼り付けるときは「cmd + V」で、移動のときは「opt + cmd + V」です。

たいへんややこしいですね。少し慣れてきたかと思ったら、今度は大学のwindowsマシンで戸惑うことになります。


どっちでも良いから、統一しろよ!

どちらも使い勝手は同じくらいなので、さっさと統一してほしいものです。



④Officeは欲しい


当然ですが、Microsoft社の製品であるOfficeが初期装備として入っていないです。
ワードやエクセルが使えません。

PagesやNumbersといった、一応同じことができるソフトは入っていました。

でもこんなもの要らない!


エクセルのファイルとか、上手く開けないんだもん!!


人からもらったデータを上手く開けないソフトは要りません。
Office for Macを購入するのは覚悟した方が良さそうです。

まあ僕は研究室のやつをもらいましたけどね。理系学生最高!!



以上、macを手にして、最初に戸惑ったことたちでした。
あと、三本指スライドでアプリの切り替えができるのは本当に便利で衝撃でした。
トラックパッドすごい!



twitter: http://twitter.com/kenhori2
よろしければフォローお願いします。